良い不動産屋vafireについてのお話

良い不動産屋vafireについてのお話

土地の名義の調べ方

土地の名義の調べ方
土地や建物などの不動産は、面積や地目、所有権などについて、登記簿に登記することになっています。
 年に一度、市区町村から送られてくる固定資産税の課税通知は登記簿の記載内容を基礎にしており、親が亡くなった後に相続登記をせずに、そのまま住み続けている場合などには、登記上の持ち主である親の名前のまま届き続けます。
 ところで、土地は一つの建物が建っている敷地で、一見ひとかたまりでも、登記簿のうえでは二つ(二筆といいます)以上に分かれていることがあります。
 指定した土地が誰のものかなどを調べる際にはその土地の登記簿謄本を閲覧すればわかりますが、周りの土地まではわかりません。
Aさん所有の不動産が、その市町村の中にどれだけあるかを確認するには、名寄帳を閲覧するのが有効です。
 そのとき、Aさん単独の名義と、Aさんを含む共有の不動産は別の名義として扱われているので、単独名義のほかにも、その人を含む共有物件がないかも確かめておけば完全です。

土地の取引について

土地の取引について
土地の取引は有効な資産運用や活用法として多くの方が行うようになっており、適切な届け出を行うことで可能となります。
各自治体で定められた規定に則って行うことが必要となっており、場合によっては転用許可をもらうことも必要となります。
個人で行うことも出来ますが難しい書類も多数あるため不動産業者などの専門家に相談をして進めていくことも良いと思います。
また土地取引をする際には適切な相場を確認しておくことも必要となるため、専門業者での査定を受けておくことも重要です。
売却や賃貸を検討する際にはこのような査定によって適切な価格を決めていくことができるため、不動産業者でも査定の案内がされることが多くあります。
土地の有効な資産運用や活用を行っていくためにはとても多くの専門知識が必要となることも珍しくはありません。
そのためしっかりと専門の方と相談をして、より有利に進めていけるように検討を重ねていくことも大切となります。

土地の区分における私有地と公有地の違いとは

土地の区分の在り方のひとつに、私有地と公有地というものがあります。

私有地とは、個人ばかりではなく法人も含めて、私人が所有している土地というものですが、これに対して公有地とは、国有地や地方自治体が所有している土地、であるものを指します。

特に、この公有地というものに関しては、このように言っても漠然としていて、今ひとつわかりにくいものなのですが、これを公道である国道や都道府県道という道路や、官公署として総称されているもの、国家の関係施設である国会議事堂や首相官邸、各官庁の建物、あるいは地方自治体である都道府県の庁舎、警察署や消防署といったものは、原則として、みなこの公有地の上に立てられているのです。

もちろん、こうした公共機関の建物ではあっても、一部には私有地を賃貸借してその上に建てられている、といったものもあるでしょうが、これはむしろ例外的な場合、と言えるものでしょう。

また、ここで言っている公有地とは、あくまでも私有地に対する土地の区分を言っているわけで、国家の所有である国有地と地方自治体の所有である公有地、という土地区分における公有地のことを指したものではありません。

土地と建物、地主と家主との権利関係の在り方とは

土地と建物、地主と家主との権利関係の在り方とは
土地と建物との関係というものは、建物は土地の上にしか建つことができないもの、という絶対的な制約があるために、基本的には土地が主で建物が従、という関係となります。
このために、その不動産としての権利関係においても、その土地の所有者である地主とその上に建つ建物の所有者である家主とが異なる場合には、その基本的な立場として、家主は地主に対して従という関係になるのですが、その反面で、地上権という借地人の権利によって保護されてもいるために、この地主と家主とは、実質的にはかなり対等に近い権利関係にあることになっているわけです。
実社会においては、特に住居ではなく事業用のものである場合には、その土地と家主が同一である場合よりも、むしろ、このようにその地主と家主とが別々である場合の方が多いくらいなので、こうした地主と家主との関係から成っている不動産権利関係というものが、社会における一般的な在り方である、といってしまっても過言ではないのです。

土地を購入するためには

土地を購入するためには
土地の活用方法、結構いろいろありますよね、大体の人は自分の家を購入するために購入する人が多いでしょう。
家を購入する際に、土地はとても重要になってきます。
家の内装なんかはあとからでもどうかなりますが、土地はそうは行きません。
近くに必要な施設がある、近くに職場があるなど、そういったことは後からでは付け足したりすることはできませんよね。
さらに、家を建てる時の大きさの許容範囲や、広さなんかも後から付け足すことができないので、しっかりとそういった自分がしたいことをすることができる土地を購入することがとても大切です。
法律的なことなどがいろいろとあるので、その土地において自分がしたいことができるかどうかということをしっかりと調べてみる必要があります。
しっかりと調べて、自分がしたいことをしっかりとできるということを重点的に購入することが、とても重要なことなのです。
あなたもしっかりと調べてみてはいかがでしょうか。

最近の投稿
カテゴリー