良い不動産屋vafireについてのお話

良い不動産屋vafireについてのお話

再開発計画に伴った土地の売却

自身が所有している土地の周囲で、再開発計画の「噂」がある場合はその土地を売却できるチャンスです。そのような噂が持ち上がった時点では、売却のためにその土地をどこかの不動産事業者と媒介契約を交わす必要もなく、ただ待っていればいいことになります。その敷地が再開発計画で予定されている場所に含まれる場合は、必ず打診が来ます。

すでに人が住んでいる、すでに人が所有している場所を再開発するのは多大な労力が必要です。再開発のためには一旦それらすべてを買い上げる必要があり、そのプロセスが一番大変で時間を要することです。「計画」というからには必ず「構想」があり、着地点が想定されているものなのですが、それを実現するためにはその時点でそれらの敷地を有している方の理解が絶対的に必要になります。

再開発計画が頓挫したり停滞したりする時というのは、元々その敷地を所有している方がなかなか売却を決断しない時というのが一番多いケースです。所有権が移動しなければ開発もなにもできるわけがなく、工事に着手することができません。再開発はそのような意味でもさまざまな人員を動員する一大プロジェクトになります。

ですから、再開発の「噂」だけでもキャッチしたら、誰か他の人に譲るなどしてはいけません。可能性としてはその敷地を購入したいという方が現れるかもしれませんが、その交渉にも乗らない方がいいです。再開発を手がける事業者がしっかりとした説明とともに打診してくるのを待つのが一番良いです。「譲って欲しい」と打診してくる方がもし「個人」であれば、そのままその敷地を転売して利益を得ようとしている可能性がありますので、その点だけは注意してください。

低価格を狙うのであれば変わった形の土地がお勧め

土地は時価で設定されており、時と場合によって値段が上がったり下がったりします。
それぞれ拘る部分はそれぞれですが、出来るだけ妥協したくない事があります。

それは地盤の強度や南向きかどうかです。
これらに拘った場合には、土地探しが困難になります。

これらの条件は誰もが求める条件であるので一気に選べる土地の数が減ることになります。
そんな時に同じ条件で安い土地を選ぶコツは、変わった形の土地を探すと言うことです。

会社や工場が元々建っていた場合には、それ用の形をしていることがありそういった形であるということは、住宅の設計にも問題が生じるということになります。
そういった点を妥協出来るのであれば、変わった形を選ぶことがお勧めです。

良い様に捉えれば、人とは違うオシャレな住宅を建てる事が出来るという事にもなり、個性を大事にしていたり人と同じ家は嫌だという人にはお勧めです。
一生に一度しか建てないのであればそういった個性を出すことも大切です。

土地売却を利用して賢く節税しよう

不動産業とは賃貸される土地・建物の流通業である

不動産業とは賃貸される土地・建物の流通業である
土地、建物という不動産にも、自己所有であるものと賃貸されるものとがあるわけですが、賃貸される不動産というものは、今や完全に流通商品として確立されたものになっている、と言うことができるでしょう。
もちろん、自己所有である土地や建物も、売買されて流通することはあるわけですが、基本的にはあまり動くことのない不動産、と言うことができます。
しかし、アパートやマンションといった賃貸住宅や、各種の事業用用地などは、頻繁にその利用者が交代して転々と流通し続けることによって、経済を活性化させることに貢献しているもの、と言えるわけです。
その意味では、一定周期でその利用者が交代することによって、その回転数が上がることになるわけですから、飲食店の集客効率の在り方と同じもの、と考えることもできます。
不動産業というものが、不動産の流通業として位置付けられているというのも、このような点に着目してみればなるほど、と頷けるというものでしょう。

土地の名義の調べ方

土地の名義の調べ方
土地や建物などの不動産は、面積や地目、所有権などについて、登記簿に登記することになっています。
 年に一度、市区町村から送られてくる固定資産税の課税通知は登記簿の記載内容を基礎にしており、親が亡くなった後に相続登記をせずに、そのまま住み続けている場合などには、登記上の持ち主である親の名前のまま届き続けます。
 ところで、土地は一つの建物が建っている敷地で、一見ひとかたまりでも、登記簿のうえでは二つ(二筆といいます)以上に分かれていることがあります。
 指定した土地が誰のものかなどを調べる際にはその土地の登記簿謄本を閲覧すればわかりますが、周りの土地まではわかりません。
Aさん所有の不動産が、その市町村の中にどれだけあるかを確認するには、名寄帳を閲覧するのが有効です。
 そのとき、Aさん単独の名義と、Aさんを含む共有の不動産は別の名義として扱われているので、単独名義のほかにも、その人を含む共有物件がないかも確かめておけば完全です。

土地の取引について

土地の取引について
土地の取引は有効な資産運用や活用法として多くの方が行うようになっており、適切な届け出を行うことで可能となります。
各自治体で定められた規定に則って行うことが必要となっており、場合によっては転用許可をもらうことも必要となります。
個人で行うことも出来ますが難しい書類も多数あるため不動産業者などの専門家に相談をして進めていくことも良いと思います。
また土地取引をする際には適切な相場を確認しておくことも必要となるため、専門業者での査定を受けておくことも重要です。
売却や賃貸を検討する際にはこのような査定によって適切な価格を決めていくことができるため、不動産業者でも査定の案内がされることが多くあります。
土地の有効な資産運用や活用を行っていくためにはとても多くの専門知識が必要となることも珍しくはありません。
そのためしっかりと専門の方と相談をして、より有利に進めていけるように検討を重ねていくことも大切となります。

土地の区分における私有地と公有地の違いとは

土地の区分の在り方のひとつに、私有地と公有地というものがあります。

私有地とは、個人ばかりではなく法人も含めて、私人が所有している土地というものですが、これに対して公有地とは、国有地や地方自治体が所有している土地、であるものを指します。

特に、この公有地というものに関しては、このように言っても漠然としていて、今ひとつわかりにくいものなのですが、これを公道である国道や都道府県道という道路や、官公署として総称されているもの、国家の関係施設である国会議事堂や首相官邸、各官庁の建物、あるいは地方自治体である都道府県の庁舎、警察署や消防署といったものは、原則として、みなこの公有地の上に立てられているのです。

もちろん、こうした公共機関の建物ではあっても、一部には私有地を賃貸借してその上に建てられている、といったものもあるでしょうが、これはむしろ例外的な場合、と言えるものでしょう。

また、ここで言っている公有地とは、あくまでも私有地に対する土地の区分を言っているわけで、国家の所有である国有地と地方自治体の所有である公有地、という土地区分における公有地のことを指したものではありません。

最近の投稿
カテゴリー