良い不動産屋vafireについてのお話

良い不動産屋vafireについてのお話

再開発計画に伴った土地の売却

自身が所有している土地の周囲で、再開発計画の「噂」がある場合はその土地を売却できるチャンスです。そのような噂が持ち上がった時点では、売却のためにその土地をどこかの不動産事業者と媒介契約を交わす必要もなく、ただ待っていればいいことになります。その敷地が再開発計画で予定されている場所に含まれる場合は、必ず打診が来ます。

すでに人が住んでいる、すでに人が所有している場所を再開発するのは多大な労力が必要です。再開発のためには一旦それらすべてを買い上げる必要があり、そのプロセスが一番大変で時間を要することです。「計画」というからには必ず「構想」があり、着地点が想定されているものなのですが、それを実現するためにはその時点でそれらの敷地を有している方の理解が絶対的に必要になります。

再開発計画が頓挫したり停滞したりする時というのは、元々その敷地を所有している方がなかなか売却を決断しない時というのが一番多いケースです。所有権が移動しなければ開発もなにもできるわけがなく、工事に着手することができません。再開発はそのような意味でもさまざまな人員を動員する一大プロジェクトになります。

ですから、再開発の「噂」だけでもキャッチしたら、誰か他の人に譲るなどしてはいけません。可能性としてはその敷地を購入したいという方が現れるかもしれませんが、その交渉にも乗らない方がいいです。再開発を手がける事業者がしっかりとした説明とともに打診してくるのを待つのが一番良いです。「譲って欲しい」と打診してくる方がもし「個人」であれば、そのままその敷地を転売して利益を得ようとしている可能性がありますので、その点だけは注意してください。

低価格を狙うのであれば変わった形の土地がお勧め

土地は時価で設定されており、時と場合によって値段が上がったり下がったりします。
それぞれ拘る部分はそれぞれですが、出来るだけ妥協したくない事があります。

それは地盤の強度や南向きかどうかです。
これらに拘った場合には、土地探しが困難になります。

これらの条件は誰もが求める条件であるので一気に選べる土地の数が減ることになります。
そんな時に同じ条件で安い土地を選ぶコツは、変わった形の土地を探すと言うことです。

会社や工場が元々建っていた場合には、それ用の形をしていることがありそういった形であるということは、住宅の設計にも問題が生じるということになります。
そういった点を妥協出来るのであれば、変わった形を選ぶことがお勧めです。

良い様に捉えれば、人とは違うオシャレな住宅を建てる事が出来るという事にもなり、個性を大事にしていたり人と同じ家は嫌だという人にはお勧めです。
一生に一度しか建てないのであればそういった個性を出すことも大切です。

土地売却を利用して賢く節税しよう

マンション購入で得るお金は

マンション購入で得るお金は
マンションというのは、借りるものということが頭にある人は多いでしょう。
しかし、購入をするほうがあなたにとってお得なのはご存知でしょうか。
マンションというものは、部屋を貸すだけで収入を得ることができます。
収入を得ることができるということは、あなたの生活を少しでも豊かにすることができるので、とてもいい方法だとはおもいませんか。
将来あなたが働けなくなったなどのことを考えると、将来マンション収入という収入源があるというだけで、安心した生活をすることができるのです。
もし、将来仕事ができなくなった場合、収入がなければ生きていくことができません。
いつ何があったとしても、マンションがあればあなたの収入を得ることができるので、安定したとてもいい生活を送ることができるのです。
あなたも将来のことを考えてマンション購入を考えてみてはいかがでしょうか、あなたの将来のためにとてもお勧めの方法なので、ぜひとも試してみてはいかがでしょう。

マンションの共用部分の活用と税金

マンションの共用部分の活用と税金
最近、若者の車離れということが言われますが、マンションの機械式駐車場の稼働率は、維持費の捻出に直結します。
 稼働率が下がって空きが増えた時、収入がないのは同じですが、機械式は平置きに比べて維持費がかかるのでより深刻な問題になりかねません。
 そこで、マンションの近隣住民に賃貸しして収入を得たり、その他にも、タワーマンションなどの大規模物件で、共用部分に店舗やテナントがいることがあります。
 店舗やテナントから、管理組合に家賃収入がある場合、管理組合の費用として=マンションの管理のために使ってしまって、区分所有者に分配はしないのが一般的です。
 このように、マンションの管理組合に収入がある場合、法人税や消費税を納めなければいけないことがあるので注意が必要です。
 有限会社や株式会社を法人(法律上、人格を認めて、権利や義務を持つことができる)というのに対し、法人以外の集団のことを人格なき社団といいます。
 人格なき社団でも、収入があれば法人税や消費税の課税対象になるので、管理組合で収入を得る場合には注意をしましょう。

不動産は楽しんで

不動産は楽しんで
不動産といえばまず最初に浮かぶのが「マイホーム」という単語である方は多いのではないでしょうか。
家を買うのには何千万もかかる、人生最大の買い物だ、と思っている人も。
でも、本当にそうでしょうか?中古物件にはその立地や築年数で500万以内で買えるものもあります。
例えば最初の不動産を手に入れるのは、そういうものを対象にしてみてもいいかもしれません。
新築だったら手数料などもかかるところ、中古の不動産を安く手に入れてお気に入りのリフォーム会社で綺麗にリノベーションしてもらう、その方が簡単に安価で自分好みの家が手に入ることもあります。
一度不動産を手に入れたなら、あとは出来るだけさっさとローンを返し、不労所得を生み出してくれるアイテムにすることも可能です。
綺麗にリノベーションした家は賃貸に出しても選ばれる確率が増えますから、自分は他所に住んで持ち家は賃貸に出し、不労所得を得る方法もありますから、是非楽しんで未来予想図を描いて頂きたいです。

不動産業とは賃貸される土地・建物の流通業である

不動産業とは賃貸される土地・建物の流通業である
土地、建物という不動産にも、自己所有であるものと賃貸されるものとがあるわけですが、賃貸される不動産というものは、今や完全に流通商品として確立されたものになっている、と言うことができるでしょう。
もちろん、自己所有である土地や建物も、売買されて流通することはあるわけですが、基本的にはあまり動くことのない不動産、と言うことができます。
しかし、アパートやマンションといった賃貸住宅や、各種の事業用用地などは、頻繁にその利用者が交代して転々と流通し続けることによって、経済を活性化させることに貢献しているもの、と言えるわけです。
その意味では、一定周期でその利用者が交代することによって、その回転数が上がることになるわけですから、飲食店の集客効率の在り方と同じもの、と考えることもできます。
不動産業というものが、不動産の流通業として位置付けられているというのも、このような点に着目してみればなるほど、と頷けるというものでしょう。

最近の投稿
カテゴリー